【京大生のためのフリマサイトUNITEXT】~君のいらないを誰かの欲しいへ~

【京大生のためのフリマサイトUNITEXT】~君のいらないを誰かの欲しいへ~

▼フリマサイトunitext

ユニテキストが中心で運営しているのが京大生対象のフリマサイトunitextです。【 http://unitext.chu.jp/

商品ラインアップは教科書を中心にレンタル商品なども揃えており、手渡しで商品とお金を交換するというシステムになっています。

また学部で教科書の検索が可能になっているため、自分の欲しい教科書があるかどうかピンポイントで調べることも可能です。

検索結果は以下のように表示されます。

出品する際に写真を貼る必要があるので安心して購入できます。

現在ユーザー数は300名弱、累計取引数は300を超えてきています。
商品数も充実し始めているので、これから益々普及していくでしょう。

安く教科書が買えるので、京大生は必見のサービスです!

===========================================
【一般社団法人ユニテキスト】
2015年リリースのフリマサイトunitextの運営陣がTPECというビジネス団体から独立して2017年にできた団体です。
メンバーは11名でそれぞれディレクター、エンジニア、プログラマー、マーケティングなどを担当しています。
現在はスタートアップ系情報メディア「RouteX」との、合同プロジェクトで日本のスタートアップ環境のブレイクスルーを目指し、世界のスタートアップ業界の見える化に挑戦しています。
また独自で京大生のwebブログ・メディア「ゆにブログ」も立ち上げています。(プログラミング、デザイン、就活関連)
ビジネスを実践したい学生は是非連絡してみてはいかがでしょうか?
===========================================

ユニテキスト

ユニテキスト

STORY一覧

【京大生のためのフリマサイトUNITEXT】~君のいらないを誰かの欲しいへ~

【京大生のためのフリマサイトUNITEXT】~君のいらないを誰かの欲しいへ~

ユニテキスト
ユニテキスト