【学生団体Infinite connection】~真の国際協力を実現する本気のミーティングに迫る~

【学生団体Infinite connection】~真の国際協力を実現する本気のミーティングに迫る~

---------------------------------------------------------
【学生団体Infinite connection】
「教育の充実から国の充実へ」と「日本における慈善活動の意識と認知の改革」を2本柱に、東南アジアに位置するラオスという国に教育を中心とした支援を行っている学生団体。
---------------------------------------------------------

「うちのミーティングはガチなんで見に来てください」
取材のきっかけはこの一言だった。


2017年9月24日(日)9:00、私は兵庫県西宮市にある今津公民館へ足を運んだ。
30人ほどのメンバーが誰一人遅刻することなく集合していた。
ホワイトボードには既にミーティングのアジェンダが書いてある。

▼理念の確認と1分の黙想から始まる

ミーティングの開始とともに行われるのが理念の確認だ。

よりよい社会の実現と途上国の問題解決の為、
社会に奉仕できる知識と人間性を、
自らの主体性を持って磨き上げ、
慈善活動に対する意識の向上と認知の改善、
教育支援を通したラオスの国の充実に努めます。

次に行われたのは1分間の黙想だ。
この黙想で自分たちの理念を再確認するとともに支援先であるラオスへ想いを寄せることで、団体の意思統一を図っているようだ。

▼学生なのに名刺交換の練習

営業部によるワークショップが始まった。
この日のコンテンツは名刺交換。

「名刺交換がちゃんとできていないメンバーが多いという課題があります。営業以外の部署でも大人の方と接点を持って、名刺交換する場面は多いのでできるようになりましょう」

まずは動画による間違い探しが始まりました。
5つの間違いを見つけることで名刺交換におけるポイントを再確認するというものだ。
ちなみにこの動画も自分たちで制作している。

その後、全員で練習が始まった。
誰も適当に済ましていないところから、メンバーひとりひとりの向上心が伺える。

▼スタディツアー鑑賞会

この日はスタディツアーの様子をまとめた動画の鑑賞会が行われました。
スタディツアーを通じた現地での団体の活動を振り返ると共に、参加できなかったメンバーへの報告も兼ねているようだ。
この鑑賞会の動画も自分たちで制作しているからすごい。

この動画は自分たちの活動の結晶として形に残るものなので、これを見て改めてモチベーションが上がっているメンバーもいたように感じた。
こうしてやりがいを定期的に再確認している点もこの団体の魅力だろう。

▼細かな経営報告

代表からの経営状況の共有が始まった。
現地のNGOと連携しながら活動しているため、収支を合わせる必要があるようだ。
そのためこの目標に応じて募金、イベントの収益を細かく設定する必要があるため、経営状況の共有は重要なようだ。

この日は現地の学校建設にかかる建設費用が変更となった報告があった。
代表からの細かな説明から現地との密な連携が取れていることがわかる。
またこの変更に対してメンバーからの質問も飛んで来ることから、全員が当事者意識を持っていることも伝わってきた。

▼活動報告会リハーサル

この日のミーティングで一番時間を割いていたのが活動報告会のリハーサルだ。
活動報告会とは団体の活動に協力してくれた人たちに対して1年間の活動内容を報告するもののようだ。

なんと当日のタイムスケジュール通り2時間もかけて行っていた。
しかももう一度会場でのリハーサルを行う予定らしい。
これほど入念な確認を取っていることから、どれほど協力してくれた人たちに感謝しているかが感じられる。

このリハーサル後にメンバーの1人から熱い想いが飛び出した。

「この活動報告会は企業様に感謝と想いを伝える大事な場所。ここに臨む覚悟がないのであれば、役割から外れてほしい」

団体のボランティアに対する覚悟と責任が伝わってきた。

▼最後は笑顔で

活動報告会に使うと思われる動画の撮影が始まった。
引き締まった空気が一変、和やかなムードの中で行われた。
同じ目標に向かって真剣に取り組むからこそ、気心の知れた仲になっていくのだろう。

時刻は12:00、あっという間の3時間だった。
締めの言葉のあとは全員で募金活動のために三宮へ向かっていった。

Infinite connectionの永久に続く社会貢献はまだ始まったばかりだろう。
---------------------------------------------------------
ボランティアとは何か、考えさせられる3時間でした。
そこには偽善ではない、真の社会貢献に全力で取り組む姿がありました。
これほどまでに学生同士で意見をぶつけ合いながら、社会のために、現地のために活動できる団体は多くないでしょう。
本気で国際協力に取り組みたい方はぜひ一度運んでみてはいかがでしょうか?

メンバー募集は1年中行っています。
気になった方はTwitterのDMまたは、ホームページのお問い合わせより連絡してみてください。
Twitter:https://twitter.com/inconne617
ホームページ:http://inconne0617.wixsite.com/homepage
---------------------------------------------------------

学生団体Infinite Connection

学生団体Infinite Connection

STORY一覧

【学生団体Infinite connection】~真の国際協力を実現する本気のミーティングに迫る~

【学生団体Infinite connection】~真の国際協力を実現する本気のミーティングに迫る~

学生団体Infinite Connection
学生団体Infinite Connection