私、型にハマった生き方卒業します。プレゼンがそれを教えてくれたんだ。/学生団体AWESOME

私、型にハマった生き方卒業します。プレゼンがそれを教えてくれたんだ。/学生団体AWESOME

===========================================

あなたはこれまで客席を魅了する上手いプレゼンテーターを見たことがないだろうか?

この人はどういう想いで伝えているのだろうか…。

どういう経験をしてきたのだろうか…。

そんなプレゼンテーターを集めたE-PLACEというイベントを開催している学生団体AWESOME様を取材してきました!
============================================

プレゼンテーション ◆学生団体AWESOME
取材を受けてくれたのはマネージャーの吉田さん。

-------------------------------------------------------------
福岡大学商学部 4回生 吉田優哉
現在SAKAZUKIの代表も務めている。
-------------------------------------------------------------

【活動を通して多くの人に前に進んでほしい!】

ー早速ですが、活動内容を教えてください!

AWESOMEはE-PLACEをメインに活動しています。


E-PLACEとは一言で言うとプレゼンテーションイベントです。
大きなホール会場を貸切り、

①学生プレゼンテーションコンテスト、
②特別ゲスト講演、
③企業講演、
④交流会

以上の4つで構成されています。

学生プレゼンコンテストでは予選を勝ち抜いた学生5人がE-PLACE当日最優秀プレゼンテーターを決めるプレゼンコンテストです。

学生団体の設立・起業・世界一周・留学・アカデミック等、様々な学生のエントリーの中から5名を選出してプレゼンをしてもらい

「誰のプレゼンがもっともワクワクしたか」


を基準に最優秀プレゼンターを当日来場して頂いたお客様の投票により決定します。

ーすごい迫力がありますね、イベントに向けた準備はどのくらいの頻度で活動されているのでしょうか?

週に1回です。しかし、E-PLACEは、外部のプレゼンテーターを巻き込んで行うため、一つ一つがビックイベントとなります。そのため、イベント前はもっと高頻度に活動しています。

ーそうなんですね。でも、そもそも学生団体AWESOMEはどういう経緯で結成されたのでしょうか?

もともとTABIPPOとか夢AWAとかの学生団体に物凄く興味あって、その影響ですかね。自分自身がめちゃくちゃプレゼンをしたかったのだけど、その2つの学生団体ってカテゴリー別にしっかり区別されていて、ハードルが高くて挑戦できなかったんですよ。

▼自分の経験から団体結成

だから、分野を問わずに自由に自分の想いをぶつけられる場を作りたいと思って、結成しましたね。やっぱりどんな人でも人前で自分の想いを伝えることは大事だし、すごいなって尊敬できる人の話を聞くこともそれと同じくらい大事だなって思うんですよね。

結局どんなに尊敬できる生き方をしている人でも、彼らは人生の中で何かしらきっかけがあって、今に至る。だからこそ、色々な生き方をしている人の話を聞いて、刺激を受けて行動して欲しくてこのE-PLACEを開催しています。

【自由に!自分に自信を。】

—なるほど。つまり、本当に自分の想いを自由に話すということでしょうか?

そうですね。プレゼンのテーマは設けずに、いい意味での「曖昧」なイベントにしています。

▼いい意味での曖昧とは…?

それはイベントに対して生半可な気持ちで運営しているということではなく、本気で「曖昧」な空間を作っているんですよ。カテゴリーを設けずに、自由に発してほしい。そしてそれによってプレゼンを聞いた人が刺激を受けてほしいですね。

日本人にとってプレゼンテーションのイメージは、どうしても企業の決算発表だったり、畏まったイメージがつくけれど、結局プレゼンで自分の意思を表現することで、それが自分の力となり、他人にも刺激と力を与えると思うんですよ。

だから、僕は学生のうちからそういう場を作りたいと思い、結成しました。

まるで外国のプレゼン番組「TED」のようだ…!

【一生懸命に取り組む「時間」が大切。】

—最後に、学生へのメッセージをお願いします!

「学生の時に何やったらいいですか?」と社会人に尋ねると、「なんでもいいから好きなものを見つけてやったらいいよ」って…

正直それってなにをやればいいのかわからないですよね。
でも今になってわかるのは、なんでもいいからやることではなく、

一生懸命にやる時間が大事

であるということだと思います。

▼E-PLACEの活動から学んだ

例えばE-PLACEの初回時も500人集める!と周りに宣言したけど参加者はその5分の1の100人。当時は本当に恥ずかしかったですし、達成できない自分に対しても悔しかったです。



でも、どれだけ失敗しても期日決めてやり遂げた後の成長率は半端ないと思うんですよね。挑戦して失敗することは決して悪くない。 その失敗に対してより成功率の高い改善案を出して、そして試す。その愚直に努力して結果にコミットするまで貪欲に取り組むことが大事なんです。



だからこそ、今は好きなことを探すことも大事だけど、何か一生懸命取り組み時間を大事にしてほしいです。

学生団体awesome

学生団体awesome

STORY一覧

私、型にハマった生き方卒業します。プレゼンがそれを教えてくれたんだ。/学生団体AWESOME

私、型にハマった生き方卒業します。プレゼンがそれを教えてくれたんだ。/学生団体AWESOME

学生団体awesome
学生団体awesome